願掛けで願いを叶える方法教えます!
おみくじ


【伝統的な願掛け】
一番有名な日本の伝統的な願掛けと言えば、
お寺や神社などに100回お参りをする 「お百度参り」ですね。 何度もお参りすることで、願いが叶うと言われています。
方法は、裸足で入り口から本殿を行ったり来たりするという事なんですが、
ちょっと勇気入りますよね…
しかもお百度参りの時は人に見られないようにするのが作法らしい…
…ということは、夜中に裸足で言ったり来たり…
お百度参りしている私を想像するとぞっとしますが…
それぐらいの気持ちで参拝しなさいという事なんでしょうが…
私は小心者なので、もう少し手軽に願いを叶えたいなと思います。

伝統的な願掛けは、地方各地で色々な願掛けがあるようなんです。
千葉県匝瑳市の八重垣神社では、毎年7月25日に「駒まね」という伝統行事があります。
それは、若い竹を焼いて五穀豊穣や商売繁盛を願うお祭りです。

お遍路

四国であれば、お遍路参りをして願掛けする人もいるでしょう。
四国の八十八か所をお参りするというものです。
私もいつか時間が十分に取れるようになったら歩いて行きたいなと考えています!
バイクで行く人もいますが、なんとなく歩いて行きたいですよね。

それから、護符(お札)で願いを叶えるというのも古くから伝わるものです。
護符にも色々作法があるらしく、願いがかなったら護符は焼かなければならないとか、
他言してはならないとかあるみたいです。
それから護符は持つ人専用に作られたものでないと効果がないらしいです。
それから護符の種類も色々あるみたいです。
                ↑
サイト見ていたら護符作りたくなったなぁ…

記事一覧

伝統的な願掛け
色々な国々の願掛け
縁結びの神社
お家で手軽に願掛け
願掛けグッズ!エケコ人形編!




< 無断転載を禁じます >
Copyright (C) 2013 願掛けで願いを叶える方法教えます!. All Rights Reserved.